SSブログ

ごるふ [漫画の新聞]

 
「漫画の新聞」に私の新作がアップされました。

宮里藍が逆転優勝、世界ランク1位へ
(クリックで当該サイトに飛びます)


いやースゴいです。
ランキング1位ですよ世界トップですよ!

…と、いいましても、私、ゴルフはするほうも見る方もさっぱりこれまで
縁のない生活を送ってきていますので、正直のところよくわかりません。。。

さらにいいますと、いまこの文章を打ち込んでる時点で、すでに彼女は
ランキング1位ではなくなってしまったという…もっと早くこのカテゴリー、
更新しなくちゃいけませんよね。。。

そんな私ですけど、そういえばひとつ、ゴルフマンガで大好きな作品があります。

「青空しょって」という作品です。果たしてご存知でしょうか?

昔週刊少年サンデーで連載されていた作品ですが、既に単行本は絶版になっている上、
かなり昔の作品なので二十代前半くらいのひとは、タイトルすら聞いたことがないかも。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E7%A9%BA%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%A3%E3%81%A6

ウィキによると、連載されていたのは、今からもう20年も前の1987年から1990年代前半。
そっかそんな昔になるのですね。

作者は森秀樹さん。彼の作品で最も有名な作品と言えば、映画化もされた「墨攻」でしょうか。
リアルで迫力あるタッチの作画が印象に残る作品ですが、実はデビュー当初、この作家さんは、
明るい少年マンガ風のタッチで、お気楽なSFコメディを描いたりしていました。

それが今の作風への転換期になった作品。それがこの作品、「青空しょって」です。

この物語。序盤では、脳天気な主人公がヒロインのスカートをめくったり、ゴルフで勝たない限り
死ぬまで脱出が叶わない監獄みたいな島に閉じ込められたりと、いかにも少年漫画で
破天荒な設定だったのですが、とあるトーナメント戦から、次第に作風がリアル路線へと変わります


何がどういう理由でそういうことになったのかわかりませんが、そんな強引な路線変更の弊害か、
当初の主人公の目標であり、最大のライバルだったはずのキャラがいつの間にかいないことに
なっていたり、あのキャラがどういう訳かあんなことになっていたりと、ツッコみどころは満載
なのですが…

そんな細かいこと(いや、細かくないんですが(笑))吹っ飛ばすくらいの勢いがこの作品には
あります。それは、ひとえにキャラクターの力でしょうね。

この作品には、当然ゴルフ漫画なんですから当たり前ですが、たくさんのゴルファーが登場します。
そのひとりひとりが、本当に魅力的なんです。

自分の人生の全てをゴルフに捧げた主人公達。
彼らは一人ひとりいろいろな過去を持ち、負けられない理由があり、自分の持てる全ての力を
振り絞り、決して譲れない勝負を繰り広げる。

そこには週刊少年サンデーで連載されていたとは思えないほどスーパーマンはいません。
皆が人間臭く、子どもみたいにゴルフが大好きで、それでいてプロとしての矜持をもち、
ゴルフという競技が生み出す様々なドラマに感情の全てをさらけ出す。

全ての登場人物が集う、物語の最後の舞台となる全英オープンの勝負は涙なくして読めません。
ゴルフマンガはこれ以外にもたくさん読んできましたが、この作品が今でも一番好きです。
この作品以上にまず物語としての面白さと、ゴルフの魅力を余す所なく堪能できる作品は
ないのではないでしょうか。

まあ結局、私自身はゴルフにハマることはなかったワケですが(笑)
でもこの作品は、今でも実家に帰ってふとした時、単行本を手にして読み返したりしてます。

もし興味を持たれたかたは、今調べたら、アマゾンで中古が送料だけの値段で手に入るようです。
いい時代になったものですねー。昔はこういう絶版本は、古本屋を巡って探し回ったものですが、、、
あともしかしたら漫画喫茶にも置いてあるかもしれませんね。探してみてください。


ひみつどうぐ [漫画の新聞]

 
「漫画の新聞」に私の新作がアップされました。

「ドラえもんの科学みらい展」開催
(クリックで当該サイトに飛びます)

おぉ…これはスゴい。
スゴすぎて資料をいろいろみて描いていてもどういう原理か
サッパリわからない(^^;

これは本当、一度実際体験してみたいですねー。

テクノロジーの日々の進化はすッごいなぁ・・・

去年の暮れ、ブルーレイ視聴目的でPS3を買いまして、その後
せっかくなんで、何作かゲームソフトも買って、時間の合間合間にちょくちょく
プレイしていたりするのですが、当初、その画質の美しさに感動しました。

ファミコンの時代から、20年でコレですからね。あと20年たったら
どうなるんだろ…と、思ったら来年にも任天堂が、DSの後継機を発売とか。
それも裸眼で3Dのゲームが楽しめるとか。。。

先日、エアコンを買うために大型電気店に行ったとき、3Dテレビを体験することが
できたのですが、こちらはさほど惹かれるものがありませんでした。
やっぱりメガネを掛けなくちゃいけないってのがネックですよね。
アレは普及するとは思えないなあ。

でも、この任天堂のヤツは超期待です。DSは、一番初期タイプのものしか
もってなかったですから、買い換えるにもいい加減いい時期ですし。

問題は、ゲームをやる時間が最近忙しくて全くとれないということですが。。。
PS3、今月に入ってほとんど起動してない…(涙

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます